読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネットサーフィンしていたら気になるサイトを見つけました。

マイナクラウド
従業員のマイナンバーを安全に収集・管理・保管できるクラウドサービス「マイナクラウド」です。 国の義務化により、全ての事業者が導入対象で訴求先は300万社以上あります マイナクラウドは低価格で操作も簡単なので、とても便利です。初期費用無料 ・30日無料お試し ・月額1,000円からの低価格 ・マイナンバーの収集がスマホで簡単 ・クラウドへの移行ツールあり ・セキュリティ万全 ・士業(税理士、社労士)へ、データを安全に渡せる ・詳細な履歴管理 ・退職者管理が充実 従業員(アルバイト含む)を雇用している全ての事業主(法人、個人) 全国350万社ある中小企業、店舗などのマイナンバー対応が遅れている為チャンスです。 利用ケース(営業先のパターン) ・従業員(バイト、契約社員も含む)を雇用している全ての事業者・お店 ・業務委託先に支払調書を出している事業者 ・不動産オーナーに支払調書を発行している不動産関連会社 ・士業が顧客にマスター管理として導入 ・税理士、会計事務所が個人の確定申告用マイナンバーを収集・管理出来ます。

WiFi東京レンタルショップ
高速インターネットが直ぐにレンタル可能! めんどうな手続き無しでご利用可能なWiFiレンタルサービスです。 格安で即日ご利用が可能なので、緊急で必要な方々から日々多く御予約を頂きます。 全世代の男性及び女性及び企業様 ・初期費用、解約手数料無し、お申込の際に本人確認書類は原則必要ありません。 WEBからの簡単申し込みで翌日にはWiFiルーターのレンタルが可能です。 ・返却用レターパックがついてくるのでレンタル返却日の翌朝8時までに ポストに投函するだけなので、返却するのも簡単です。 ・17時までにお申し込みいただければ、即日発送致します。 最短なら翌日には配送完了!店舗で直接受け取れる場合は、 当日レンタルも可能です。企業様や、緊急でWiFiが必要な方がよくご利用になります。 ・即日発送が可能で、めんどくさい手続き不要でレンタルが可能です。 ・長期間ご利用の場合、日額216円~と格安で高速インターネット環境がご利用になれます。 利用者がよくご利用になる例 イベント会場、撮影会場、病院、出張先での高速インターネット環境確保 、旅行時の高速インターネット環境確保、 説明会、展示会場などで高速インターネット環境確保と提供等大変利用しやすくなっています。

リトルサーバー
お手頃な価格でWordPressなどがお使い頂けるレンタルサーバーの会員募集プログラムです。・格安サーバーには不満があるが、なるべく費用を抑えたい ・コストパフォーマンスに優れたレンタルサーバーを検討中 ・低価格でいろいろな事にチャレンジしたい 。 とにかくコストパフォーマンス優れ、全プランにおいて殆どの事が出来ますのでレンタルサーバーを お探しの方や、乗り換えを検討されている方には朗報です。

 

津村泰彦のおしゃれなソロウクレレ講座セット
誰でも見ただけでスラスラ弾ける【ラダー譜】を発案した津村泰彦のウクレレ教材最新作。 ウクレレソロ用のローGを使ったウクレレ演奏教材になります。 商品内容はそれぞれDVD+冊子1冊がついています。 さらに豪華特典が付いています。 今作の一番の特徴は商品が全5種類あり、購入者さんが自分の弾いてみたい曲を選べるようになりました。 ユーザー自身が自分の弾きたい曲が収録されているDVDを購入できます。(全種類それぞれ10曲から14曲収録) 既に登録しております。こちらの新作の方もそれ以上にコンバージョン出るかとおもいますので是非この機会お試し下さい。基本的に経済的余裕のある方が買われている傾向にあります。 購入者には楽器を全く触ったことが無い方も多数います。

タイナビスイッチビズ
「タイナビスイッチビズ」は、家庭向けの電気料金比較サイト「タイナビスイッチ」の姉妹サイトであり、 新電力(旧特定規模電気事業者)への切り替えを検討する高圧・特別高圧の需要家に代わって、 最大5社の新電力から需要家のニーズに合った見積もりを取得し、提示します。 サイトのご利用は完全無料です。高圧・特別高圧の電力契約をされている需要家に対して、 電気料金の削減を提案する。電力会社の切り替えは基本的に無料で行える。 対象となる施設例)オフィスビル、病院・福祉施設、コンビニ・スーパー、工場・倉庫、マンション、商業施設など マンションやビル、工場といった高圧・特別高圧分野での電力小売自由化は2000年から段階的に進められており、 現在市場規模は12兆円とも言われています。 また、2016年4月の電力小売全面自由化により、 改めて高圧・特別高圧分野における新電力への切り替えの関心が高まっています。 新電力の担当者の方に聞くと「これまで電力会社を変えることでコストを削減できると 提案しても真剣に取り合ってもらえないことがほとんどだった。 しかし今年に入って電力自由化関連情報のメディア露出が増えたことなどにより、 高圧電力需要家からの問い合わせが増えてきている」と、関心の高まりを肌で感じています。